2011年08月25日

平成23年7月新潟・福島豪雨災害 十日町市の災害復旧現場その2

丸山です。当日の作業内容を紹介します。

2011/7/29
 20:00 出動
 20:30 災害復旧活動開始。周辺の被害状況を確認する。
 21:30 国道A号線、Bトンネル入口付近到着。
       消防に被害者の有無を確認後、
       土砂の撤去作業開始する。
 22:00 国道A号線、Bトンネル開通。
 22:30 国道A号線、Cトンネル入口付近到着。
       現場は、下記の写真のように土石流が発生し、
       河のようになっている。トンネル内部は非常に
       湿度が高い。
2.JPG
 22:40 国道A号線、Cトンネル出口付近到着。
       現場では、発生した土石流が道路横断暗渠排水
       路を塞ぎ、トンネル内部に流れ込んでいる。
3.JPG
 23:20 国道A号線、Cトンネル開通。
 23:40 国道A号線、Dトンネル出口付近到着。

2011/7/30
 00:00 国道A号線、Dトンネル開通。
 00:15 一般県道、E地点到着。
4.JPG
 02:45 一般県道、F地点到着。
       再び豪雨が降り始めたため、国道A号線へ戻る。
5.JPG
 03:15 Dトンネル、再び土砂崩れが発生しているのを発見、
       撤去作業開始。

 03:50 撤去作業完了、Dトンネル開通。
posted by taisho at 09:39| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

平成23年7月新潟・福島豪雨災害 十日町市の災害復旧現場

丸山です。

平成23年7月新潟・福島豪雨災害の弊社の取り組みを紹介します。

十日町市でも記録的な豪雨を観測しました。
この豪雨で市内のたくさんの場所で河川氾濫や土砂崩れが発生し、弊社も維持管理をしている道路の点検にいち早く出動しました。

道路復旧は緊急を要するため、重機を使い作業を開始しました。

【動画1・2・3】
発生した土砂崩れによりトンネルの出入口が塞がれた国道での土砂撤去の様子です。
トンネルのすぐわきの川が氾濫し、この土砂崩れを発生させました。




7.JPG



【動画4】
土砂崩れにより宙にういた状態の杉の木切断作業の映像です。
真下には国道トンネルの坑口があり、道路は通行止で倒す方向を考慮し切断作業を行いました。(かなりの大きさの木でした・・)
機械作業だけでなく人力での作業もやっています。



6.JPG

全ての作業が完了したのが発生から27時間後。どうにか開通までごぎつけました。

災害発生時の初動態勢の大切さを痛感しました。
posted by taisho at 08:54| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。